楽しい海外旅行体験記

海外旅行大好き人間で、すでに約30ヵ国の国を訪れ、
同じ国を数回訪問したところもあります。現在も毎年
2回ぐらい出かけています。海外で出会った人、見聞
し楽しかったことを述べます。また、海外へ出るに
は語学も大切です。英語をある程度しゃべれれば、ま
ず、ほとんどの国へ出かけられます。その英語を学習
し外国人とコミュニケーションがとれるようになると
すばらしい出会いが待っています。その出会いなども
述べます。
<< ロンドンで「オペラ座の怪人」を観る | main | ロンドン・アイからの眺め >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ロンドン自転車ツアー
  今回のヨーロッパ鉄道の旅に出発する以前、ロンドン市内を自転車でまわるロンドン自転車ツアーがあることをインターネットで知り予約を入れておいた。その自転車ツアー日がやっときた。ロンドン自転車ツアーは、10時半出発。テムズ川沿いにある自転車店に20分前に集合とあるので余裕をみてST. Erminsホテルを9時に出発。ホテルに近い「ST. Jame’s park」駅にて1日券£5.6で買う。これで、今日は何回地下鉄を乗ってもOKだ。

 

 セントラル・ロンドン・自転車ツアー(113月 催行日:毎日)<コース>は以下の通り。
 サウスバンク、ロンドン・アイビビグベン、国会議事堂、ウェストミンスター橋ウェストミンスター・アビー、セント・ジェームズ・パーク、バッキンガム宮殿トラファルガー・スクエアー、レスター・スクエアー、コヴェント・ガーデンレザーレイン・マーケット、セントラル・マーケットセント・ポール大聖堂ミレニアム橋

・含まれるもの: ヘルメット/英語ガイド/自転車

・所要時間: 2時間30分 ( 10:30開始)

・開催曜日: 毎日

 

最寄りの駅はウオータールー駅なので、そこから歩いてそれほどでもないと思っていた。ところが、地下鉄でウオータールーまでは順調に行けたが、この駅を出てから方向が分からなくなった。通りにある店の店員に聞いたり、通行人に聞いたりしがどうしても貸し自転車店のあるアッパーグラウンド道路はみつからない。ツアー出発10分前にやっとのことで店にたどり着いた。後で分かったのだが、一本の道でも交差する道路の両側で道の名前が変わっていたのであった。つまり、ウオータールー橋に通じる道路(ウオータールー・ロード)を渡る手前側はベルヴェティア・ロードといい、それを渡った側はアッパーグランドといい1本の道路でもその道路名が異なっていたのである。結局、ロンドンで有名なロンドン・アイという観覧車の直ぐ近くに自転車店はあった。

 

 デズという黒人がガイドで、まず、自転車店主が客の好みに合う自転車を選んでくれる。高さ調整やハンドル調整もしてくれる。出発間際に着いたので、あまり贅沢なことを言っている暇がない。適当な自転車を選び、一回り乗りそれで出発。我々を含め合計8人とガイド1人の9人の集団だ。テムス川の川沿いを上流に向かいまずは走る。前述したロンドンアイの下を通り、ランベス・ブリッジを渡りウエストミンスター寺院側へ行く。途中、アラビヤノローレンスの作家の住まい、インドのガンジー首相が学んだという法律大学などを見学する。また、ダイアナ王妃が結婚式を挙げたセント・ポール大聖堂を通り、ウオータールー・ブリッジを渡り、自転車店に戻る。これで約3時間のツアーを無事終了し、午後1時に出発した自転車店に戻る。日本の銀座通りを自転車で走るようなことをロンドン市内でやった。

 交通量が多いので非常に気を使い、疲れたが、大都会ロンドンのど真ん中を自転車で回れたことは、一生の良い思い出となった。眞喜子もよくこの年齢で、慣れない自転車に乗りロンドンのど真ん中を、走り抜けたものだと感心する。【2010.9.19


写真1:大都会のど真ん中を自転車で周るので不安顔の眞喜子

 

写真2:対岸に国会議事堂が見えるテムズ川岸で解説するデズ

 

写真3:テムズ川を隔てたイギリス国会議事堂の眺め

 

写真4:観覧車ロンドン・アイの真下を自転車で通る

 

写真5:自転車に乗るのが慣れ、楽しくなった眞喜子

 

写真6:ウェストミンスター橋

 

写真7:狭い道路なら自転車でも通れる

 

写真8:アラビヤのロレンス作家の住まい

 

写真9:ウェストミンスター寺院を説明するデズ

 

写真10:ウェストミンスター寺院

 

写真11 ツアー途中で小休憩

 

写真12 ロンドン市内観光バス

 

写真13:パッキガム宮殿

 

写真14:自転車ツアー終盤でご機嫌の眞喜子

 

写真15:ツアーを終え、腹ごしらえにラーメン屋へ向かう

 

写真16:ピカデリーサーカスの噴水にて

 

写真17:ミニミニのセールスマンと記念写真

 

写真18:路上のパントマイム

 

写真19:自転車ツアーを終え、ホテル近くのロンドン警察前にて

 

写真20:自転車ツアーを終え、ホテルに戻った

 

 2012.3.23 記

英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!
| ホープ(Hope) | スペイン・フランス・イギリス列車の旅 | 20:21 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:21 | - | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!