楽しい海外旅行体験記

海外旅行大好き人間で、すでに約30ヵ国の国を訪れ、
同じ国を数回訪問したところもあります。現在も毎年
2回ぐらい出かけています。海外で出会った人、見聞
し楽しかったことを述べます。また、海外へ出るに
は語学も大切です。英語をある程度しゃべれれば、ま
ず、ほとんどの国へ出かけられます。その英語を学習
し外国人とコミュニケーションがとれるようになると
すばらしい出会いが待っています。その出会いなども
述べます。
<< ラスベガスの休日 | main | グランドキャニオンの景観 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
グランドキャニオンへ!  アメリカ西海岸の旅(10月13日)
 今回のアメリカ西海岸の旅のハイライトの一つでもあるグランドキャニオンへ1泊ツアーで行ってきた。このツアーはアメリカに渡る前にHIS.にお願いした日本語ツアーである。ラスベガスを車で出発し、またラスベガスに戻るものである。朝6時半に指定されたベラッジオホテルに集合し、そこから車でグランドキャニオンへ移動する。日本人8人、ガイドと運転手合わせて10人で移動。ラスベガスからグランドキャニオンまで時間にして約5時間かかるので、途中でトイレ休憩がある。ここは昔、ルート66が有名になった時代に栄えていたようで、いまだにその名残がある床屋に案内される。今は土産物屋になあっているが、当時使ったという床屋の客椅子や鏡など当時のものをそのまま保存してあり、その所有者であったという高齢のおじいさんが店を守っていた。 

12時半にグランドキャニオンに着き、キャニオンの見晴らしのいい個所をガイドの説明付きで案内される。宿泊組(二組4人が宿泊)と日帰り組に分かれる。宿泊組は午後2時のチェックインに間に合うようにホテル(Maswik Lodgeというロッジ)まで送ってくれる。ここで、ガイドと別れ宿泊組は自由行動。明日、また、別のガイドが午後2時にロッジに迎えに来るという。

 

 日帰り組は、午後12時半にグランドキャニオンに着き、午後2時半にはグランドキャニオンを去ることになるので、滞在時間はわずか1時間半という極めて短い滞在である。午後2時半に出発してもラスベガスに着くのは暗くなった午後7時とのことだ。 

 ガイドは普通の平地を解説しながら歩き渓谷に近づく。我々にはグランドキャニオン渓谷がどのような規模でどうなっているのか皆目予想がつかない。あるところまで歩いてくると、急に視界がひらけ恐るべき広大な渓谷が眼前に現れ度肝を抜かされる。これは、ガイドが客をびっくりさせる作戦のようだ。一応、渓谷に関する説明を終え、午後2時近くにロッジまで送ってくれ、チェックインの手続きまでしてくれる。明日、また、午後2時に別のガイドが迎えに来るといって別れる。このとき、今日の「日の入り」は1756分、明日の「日の出」は633分であると教えてくれ、「日の入り」を見る最高のポイントは「Hopi Point」、「日の出」は「Powell Point」とまで教えてくれる。泊まるので、可能なら「日の入り」、「日の出」を見に出かけるとよいのではとコメントしてくれガイドと別れる。

突然現れた!この光景。 びっくり!

興奮する二人!

危険な記念撮影

グランドキャニオンのサインの前で

こんな危険なところへ行くなんて!

観光客が餌付けするのか、よく見かけるリス

どんな動物の糞なのか?

観光バスで訪れる大勢の観光客

お年寄りも沢山見えている



| ホープ(Hope) | アメリカ西海岸の旅 | 10:46 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:46 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!