楽しい海外旅行体験記

海外旅行大好き人間で、すでに約30ヵ国の国を訪れ、
同じ国を数回訪問したところもあります。現在も毎年
2回ぐらい出かけています。海外で出会った人、見聞
し楽しかったことを述べます。また、海外へ出るに
は語学も大切です。英語をある程度しゃべれれば、ま
ず、ほとんどの国へ出かけられます。その英語を学習
し外国人とコミュニケーションがとれるようになると
すばらしい出会いが待っています。その出会いなども
述べます。
<< グランドキャニオンのサンセット | main | New York New York >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
グランドキャニオンのサンライズ
  一泊したお陰で、グランドキャニオンの昨晩のサンセットと今朝のサンライズを見ることができる。昨日はラスベガスから移動し忙しかったが、サンセットを見ることができた。日帰りの観光客は、午後2時ごろには、ここグランドキャニオンを離れ、暗くなった夜7時〜8時ぐらいにラスベガスに着く。我々も今朝サンセットを見た後、迎えが来る午後2時まではのんびりグランドキャニオンを散策できる。

 朝5時ごろ起き、ノルディック・ウォーキングのポールを持ってレストランへ向かう。簡単な朝食を済ませ、バス停へ。レッドラインに乗り、サンライズがよく見える渓谷へ行く。サンセットに比べてサンライズを見にくる観光客は極端に少ない。貸し切りのように空いているバスに乗り、スポットへ。誰もいない。眞喜子は眠い目をこすりながら、徐々に目が覚めてきたようで、太陽が顔出すころには、その神秘さに感動。ベンチに座り顔だしたばかりの太陽に向け手を合わせる姿を見ると、いかにサンライズが感動的であったことがうかがえる。

 みるみるうちに周辺は明るくなる。しばらく、その美しい渓谷の姿に呆然とする。我々二人でこのようなすばらしい体験をしてもったいないと思う。残念だが誰もこない。【2011.10.14

2013.2.19 自宅にて記す

レッドルートラインに乗ってサンライズがよく見えるスポットへ向かう

レッドルートラインバス

朝日が顔出し感動の一瞬

眞喜子も同様に感動

神秘的なサンライズを見とれる眞喜子

渓谷の岩肌がくっきりと見え出す


太陽の光が岩で反射するのでまぶしい

眞喜子感動の一瞬

眞喜子、思わず手を合わす

ロッジに戻る

サンライズを見たので、これから午後迎えにくるまでグランドキャニオン周辺を散策予定

いったんロッジに戻り小休止する



| ホープ(Hope) | アメリカ西海岸の旅 | 23:21 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:21 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!