楽しい海外旅行体験記

海外旅行大好き人間で、すでに約30ヵ国の国を訪れ、
同じ国を数回訪問したところもあります。現在も毎年
2回ぐらい出かけています。海外で出会った人、見聞
し楽しかったことを述べます。また、海外へ出るに
は語学も大切です。英語をある程度しゃべれれば、ま
ず、ほとんどの国へ出かけられます。その英語を学習
し外国人とコミュニケーションがとれるようになると
すばらしい出会いが待っています。その出会いなども
述べます。
<< スピードラーニングから得た英会話力 | main | 最後の訪問地“サンノゼ” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
サンフランシスコの朝
  今日の午後はサンノゼ市へ移動だ。いつものように朝は早く起きるのでホテルから直ぐ側の海岸(サンフランシスコ海洋国立公園)へノルディック・ウォーキングをしに出かける。朝が早いので街や公園には人がいない。日の出の時間で朝日がまぶしい。ノルディック・ウォーキング用の折りたたみポールを持ってきているので、散歩を兼ねてノルディック・ウォーキングを楽しめる。ゴールデンゲートが朝日を浴びて遠くに見えるし、サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島も目前に見える。ここは、サンフランシスコ海洋国立公園になっているので、散歩しやすい。防波堤に沿って沖のほうへ歩いていくと、なにやら昔の灯台のような建造物がある。水面を見ると、肌寒いというのに水泳をしている人がいる。

 灯台の周りをひとまわりし、再び街に戻る。街のあちらこちらに古い錨や船の船尾に取り付け推進のために使ったと思われる水車が展示されている。ここで我々がノルディック・ウォーキングで公園を一回りした雰囲気がわかる海洋公園の写真とアルカトラズ島の写真が飾ってあるのを見つけた。アルカトラズ島への観光船がでているようだが、今回は乗る時間がなく、島の外から見ただけとなった。

 こうして朝早くノルディック・ウォーキングをしながらサンフランシスコ海洋国立公園内を散歩した。これでサンフランシスコ観光は最後、午後にはサンノゼ市へ移動だ。なぜ、サンノゼかというと、この地に教え子のN君が長期海外出張で来ているので彼に会うためだ。【2011.10.21

2013.7.17 自宅にて記す

サンフランシスコの朝日がまぶしい

誰もいない遊歩道を歩く

昔の灯台であろうか

二人のシルエットの背景にゴールデンゲートブリッジが見える

カモメとゴールデンゲートブリッジ

びっくり、この寒いのに泳ぐ人がいる

アルカトラズ島が間近に見える

ボートとアルカトラズ島

帆船とアルカトラズ島

眞喜子とアルカトラズ島

朝日とゴールデンゲートブリッジ

さあ、サンフランシスコ海洋国立公園を歩いたので帰りましょう

街に展示されている大きな錨

昔の外輪船の水車

サンフランシスコ海洋国立公園のパノラマ写真

アルカトラズ島

バカでかいトラックにびっくりだ

早朝でまだ、人はいない!サンフランシスコ市街地

| ホープ(Hope) | アメリカ西海岸の旅 | 03:53 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:53 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!